脆弱なバイクライフblog

夫婦ライダーとして、あちこち出掛けた時のログとして、カスタムやメンテナンスのログとしてまめに更新していきます!

格安のリアショックを入れたその後

みなさんこんにちは!

月末に旅行の予定ですが、台風が近づいていて気が気じゃない、どうもひこです。

今回はですね、過去に格安リアショックである、内商会さんのU-CPというリアショック入れたという記事を書きましたが、その後の経過についての記事になります♪

 

過去記事はコチラ↓↓↓ 

zeijakunahiko.hatenablog.com

 

まず前回の記事でも書いたんですが、この手の安いショックは造形の完成度もあるのは間違いないと思うんです。

しかしレースでコンマ1秒でも!という世界の人が使うんでもないでしょうし、そこは街乗り、ツーリングでどうなのよ?という視点で書いてます。

で、この手のなら間違いなく言えるのは、プリロードや全長のセッティングは絶対に必要ということです!

ちょっと説教じみて聞こえるかもしれませんが、「その労力分は自己負担」ということでさらなるコストダウンを実現できていると思うのです!

 

何が言いたいかと言うと

ちゃんとプリロード出してやれば全然問題なく使えますよ!ということ笑

 

SNSなんかで格安のリアショックを付けている写真を見ると、ほとんどの人が全長もプリロードも未調整のまま取り付けされていて、

「あぁ!調整すればもっと良くなりますよ!って言いたい!」と毎度思ってしまいます笑

ぶっちゃけ私の使っている内商会さんのU-CPの一個下のグレード、RFYでもプリロードさえ調整できちゃえば全然問題なく使えちゃいます♪ 

 

 

 

私はせっかくだから何度も変えたくないので、という理由でしたのでU-CPにしちゃいました。

その前はインパルスか何かについてたRFYを調整して使っていたんですが、仕事はある程度してくれてました。

ただやはり400cc用だったんで、ここ一番の時に底突してしまうことがあって交換したのが理由ですが笑

 

着地したセッティング

とまぁ余談だらけになっちゃいましたが笑

最終的に着地したセッティングは、プリロード20mmになりました!

取付長が350mmになるようにもしてみたんですが、リアサスのバネがガチャガチャうるさいのでこれはイカンと笑

プリロード20mmはちょっと長めだとは思うので、あとはそれぞれの好みで調整って感じがオススメです!

 

プリロードは重要です

というわけでいろいろ書きましたが、当ブログ一番の人気コンテンツ

であります格安リアショック(中華サス)ですが、本当に品物は良いと思うのです。

あくまでもコストパフォーマンスという意味ですが、あれが1.5万円で買えるってすごいことだと思います!

リアショックの劣化が気になっている方、内商会さんのU-CPはとてもオススメです!

よかったら是非!

 

 

最近写真の事書いてないな・・・笑

ではでは!

ひこ